HOMEへ
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
自治体がネーミングライツ導入に苦戦するある理由
読売新聞佐賀支局からネーミングライツについての取材を受けた。
題目は「なぜ、最近のネーミングライツ募集は苦戦しているのか?」。

確かに、このところの各自治体のネーミングライツの募集状況は芳しくない。
募集をかけても誰も反応しない案件はザラ。
また、応募があったとしても募集条件(金額、期間など)を大きく下回るものもチラホラ。

上記の記者からの質問に対していくつかポイントをかいつまんで紹介したところ、
ボーダーゼロの(中略)は募集する自治体側の企画力不足を指摘する。「金集めにとどまり、企業が魅力を感じない。企業を宣伝できるイベントを同時に行うなど、付加価値をつける必要がある」と話す。

と紙面で紹介されていた。

確かに上記のように言ったが、これは既に様々なところでぼくをはじめ他のネーミングライツに携わる人が言っている内容だ。
ぼくは企画力不足を解消するためのアイデアについても話したが、残念ながら紙面の都合からか反映されていなかったので、ここで紹介しておきたい。


企画力を解消するにはどうするか。
なによりもネーミングライツ導入プロジェクトの担当割り振りを見直すべきだろう。

昨年、とある自治体のネーミングライツの基礎調査プロジェクトをさせてもらい、アンケート調査を行った。
既にネーミングライツを導入している施設の担当者に向けたものだ。
アンケート協力を個別に電話をかけて仰いだところ、多くの施設でのネーミングライツ担当者は当該施設の管理課(例えば、土木課や公園管理課など)に所属する人たちだった。
アンケート調査から多くの人が導入に苦労した(募集条件の決定など)ことが理解できた。

アンケートを通じて、かねてからぼくが抱いている仮説がさらに強固になった。
それは、これらの人の能力がどうかという問題ではなく、宣伝やCSRなどの視点を求められない人たちがいきなり企画力を求められるのは酷なわけで、これらの人たちがネーミングライツに携わるのであればあくまでの施設運営との兼ね合いという観点からサポート的に関わるのが理想だということだ。
本業と近しくない人たちが担当するから、どの自治体も同じような企画(付帯条件としてスタジアムを無料で○○日利用可能など)しか生まれてこない弊害もある。
むしろ、シティセールスなどPR業務などに携わる人が中心的な役割を担うことで、スポンサー候補の宣伝・CSR担当者と同じ目線でネーミングライツの魅力などを提案できる他、同じ自治体が他に新た施設でネーミングライツの導入に踏み切った時も組織内で過去のノウハウを引き継ぎやすいというメリットが見い出せる。

これまでの導入支援経験から、募集をかけてもうまくいかない自治体は担当者を変えてみることでで突破口が開けるかもと考えているのでぜひともトライしてみて欲しい。
続きを読む >>
| ネーミングライツ | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
『「名称はこれから募集します」をネーミングライツで認める是非 -鎌倉市3海水浴場にネーミングライツ導入へ-』を書きました
鎌倉市が売り出していた「由比ガ浜」などの海水浴場のネーミングライツが落札されたことを受けて、『「名称はこれから募集します」をネーミングライツで認める是非 -鎌倉市3海水浴場にネーミングライツ導入へ-』を書きました。

入札時に名前が未定というケースは確か初めてだったのではないでしょうか。
その是非について簡単に記しています。
| ネーミングライツ | 04:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
泉佐野市の市名称へのネーミングライツ導入を受けて緊急レポートを書きました
レポート『市名へのネーミングライツ導入を問う -今、泉佐野市が導入に向けてすべきこと-』を書きました。

個人的には泉佐野市へのネーミングライツ導入に対しては非常に難しいものだとの認識を持っていますが、「そやけど導入せなあかんのや!」と泉佐野市が言うならばという前提に立って書いてみました。

明日は自分の町の名前にもネーミングライツが導入される日がやってくるかもしれません。
対岸の火事と捉えず、日頃から財政などにも関心を持っておきたいですね(変なまとめ)。
| ネーミングライツ | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
泉佐野市の市名称へのネーミングライツ導入に関する補足の更に補足(泉佐野市にネーミングライツを導入するなら)
泉佐野市の市名称へのネーミングライツ導入に関する補足」を書いたばかりなのに、未だにどうもうまく伝えきれなかったことに対する悶々とした気持ちを持っているため、更に補足。


「ぼくがもし泉佐野市にネーミングライツに関してアドバイスするなら」

おそらく、ネーミングライツ単体としては多額の契約料は見込めないだろう。
たとえ10億円が見込めたとしても、報道で言われている1-5年の契約期間であればほとんど意味を成さない。
看板は印刷物の刷りなおしに伴い発生するコストを市が負担するのであればなおのこと。

ほんの数年だけのための募集にコストをかけ、ネーミングライツ契約が満了した後の看板変更などにさらにコストがかかるのであれば、本末転倒もいいところだ。

ネーミングライツをどうしても導入したいのであれば、ネーミングライツは主菜でなく副菜もしくはデザートくらいの位置づけとして捉えるのが良い。

ぼくが市長であれば、泉佐野市へ本社を移転し、同時に泉佐野市民を新規に最低100人(数字は例え)雇用するのであれば、ネーミングライツを無料で提供しても良いと考える。
しかし、本社は最低でも50年は泉佐野市に置くことを条件とする。
企業誘致を主菜とすることにより、企業からの税収が期待できる上に、雇用を創出することもできる。
長期的な視点に立つのであれば、これこそが地方自治の運営で目指す方向性であり、ネーミングライツの導入は副菜扱いで良いとぼくがいう意味を理解してもらえるはずだ。


新聞などの報道が先走ったために、正式発表の前に様々な声を聴けたという利点を活かし、泉佐野市にとって最も望ましい仕組みは何なのか、そしてその中でのネーミングライツの位置づけとは何なのかを改めて考えてもらいたい。
| ネーミングライツ | 21:45 | comments(0) | trackbacks(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
泉佐野市の市名称へのネーミングライツ導入に関する補足
先程のエントリーで、昨日のTBSラジオへの出演について書いた。


放送内で、「泉佐野市がネーミングライツを導入する際、どのようなアドバイスをしますか?」という質問を受けて、これに上手に答えられなかったので補足を。

ぼくはネーミングライツのサポートをしている立場である一方、ネーミングライツはあくまでも施設の運営費などを賄う「手段」の1つであるという立場(この立場を維持しない限り「ネーミングライツを導入すること」が目的となりかねずこれは依頼主に対して不誠実だと認識)なため、「ネーミングライツを導入するかの以前に、再度歳入・歳出を見直し、その中でネーミングライツの導入がベストであれば進むのが望ましい」という旨の発言をした(うまく伝わったかなぁ)。

ただ、後から振り返ると、話を振ってくれた藤木TDCさんの真意はちょっと違って、「ネーミングライツを導入することが本決まりになった場合のアドバイスは?」というものだったのだと振り返り、ちょっとその点を補足したい。


ネーミングライツを自治体が導入する場合。
大概は「財政が苦しいから助けて!」というのが本音だ。
したがって、どちらかというと買い手(スポンサー)よりも売り手(自治体)の立場のほうが弱い。

スポンサーの懐事情が厳しい状況、メリットがわかりにくいネーミングライツを取得するインセンティブはわきにくいし価格交渉でも売り手は立場が極めて弱い。
ここが昨今のネーミングライツの相場が下落している最大の原因だ。



まず、泉佐野市としてネーミングライツを導入するに当たりしなければならないことは何か。

それは媒体である「市」の魅力をきちんと整理して発信すること(これは、ネーミングライツを導入するしないにかかわらず取り組むのが望ましい)。

媒体の魅力を上げることなしには、手を上げてくれるスポンサーは見つからないし、手を上げてもらっても市にとって満足できる金額での提案を受けられるか怪しいところ。
破綻するかもしれない市の名称を取得して破綻でもしようものならスポンサーイメージにもダメージを受けてしまう可能性すらあるのだからなおさらのことだ。


では泉佐野市の良さとは何か。
すぐに頭に浮かぶのが関空の存在。

関空を利用する人は泉佐野市に立ち寄らず、難波や梅田まで出てしまうことは紛れも無い事実。
関空のオープンにより多くの人が泉佐野市に立ち寄るとの淡い期待が、今日の財政状況を招いた原因だ。

関空は関西圏の国際空港ということで多くの外国人が来日する玄関であり、関空と本土とを結ぶ連絡橋に「ようこそ泉佐野市(←ここに新しいスポンサー名が入る)へ」との看板を設置したり、南海線の駅名を変更し路線図にも反映することで露出が期待できるというようなスポンサーにとってのメリットが期待できるし、これらが実現・提供できるように関係者と事前に交渉を行なっておきたい。

南海線の路線図に載せてもらえるのなら、泉佐野市まで足を運ばなくてもスポンサーの名前は難波でも露出できるわけで、広告効果に随分と違いが出てくる。

泉佐野市の人口10万人に露出されるのか、大阪府やその近隣の数百、数千万人への露出されるのでは、スポンサーに与えるインパクトに大きな違いがある。
関空を利用する外国人にも露出されるのであれば、海外での知名度を上げたい企業に魅力的な媒体だともアピールできる。

また、市名称へのネーミングライツ導入は世界でも初めてのケースだと思われるので、取得したら「世界で初めて」と世界的にアピールできるとの魅力もある。


泉佐野市のネーミングライツ導入の目的は苦しい財政状況からの脱却であるため「苦しいから助けて下さい」となりがちだが、「苦しいけれども一方でこんなメリットが期待できますよ」と大いにアピールできるような準備を進めることが大切だ(これは泉佐野市に限らずどこにでも当てはまる)。


市名称へのネーミングライツ導入可能性は市民の意識を市の財政危機状態に向けたという点では見事だが、一方で危機状態は全国に知られるまでになったのだから、日本全国からの厳しい目に泉佐野市の職員の皆さんは晒され苦しい日々が続くだろうけれど見事な復活ができるよう邁進していただきたい。


ちなみに、ぼくの母の実家は泉佐野市の隣で、法事などでは泉佐野市の割烹松屋を利用することしばしば。
泉佐野へ行く際にはぜひ。
はもなどご賞味あれ。
| ネーミングライツ | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
| 1/10PAGES | >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS