HOMEへ
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「ロック講座」受講した | main | いるみるの2011年人気見学施設ランキング発表! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
メディアからの取材のあり方について再考
今日、仕事に絡む取材依頼が来た。

ビジネスマンであれば誰でも知ってるビジネス誌からだ。

「○○について取材させていただきたく、お願い可能な日時をご教示ちょうだいね」という内容のメールが届いた。

で、早速取材対応可能な日時を記載し、「協力するけどフィーは貰うよ」と記して返信。

すると、「謝礼は払わないことになっているのでなかったことにしてね」と返ってきた。


ラジオ、テレビは取材について謝礼を払うのに、なんで新聞、雑誌って取材の謝礼を払わないんだろう。
これっていつも。
納得できる理由があるなら教えて欲しい。


そもそも別にこちらは取材されなくてもいいし、
無料でコメントを提供する筋合いはないと思ってる。

謝礼を払うラジオ・テレビからすれば不公平だ。


ところで、ぼくの好きなエピソードにこんなのがある。

“カフェで“ピカソ”を見つけた婦人が、私をスケッチしてくださる?と頼んでみた。

“ピカソは快諾し、サラサラと絵を描き上げた。婦人はピカソ”に、いくらで絵を譲ってくれるか聞いた。

5000フラン、と“ピカソ”は答えた。「5000フラン! …たった3分かかっただけで?」という婦人に向かって、

“「いいえ」“ピカソ”は言った。「私はここまで来るのに一生を費やしたのです」”



ま、これとおんなじ感じのが取材にも当てはまるわけで、
こっちはそれなりの知見を得るためにそれ相応の時間を割いたわけであって、
それに対して無料でハナシを聴いて、
さらにそのハナシを元に(読者から)金を取ろうというのは都合がいい。

著作権だのと権利を主張するのであれば、
同様に他社の権利への尊重はするのが筋というもの。


「新聞・雑誌は名前が出て宣伝してやるんだ」という姿勢であれば、
それは大きな勘違いだ。

だって、新聞・雑誌に載ったところで、
取材に協力したこちらには宣伝効果はほぼ皆無というこれまでの経験が蓄積されているんだから
(よっぽどマイナーなウェブでリンクを貼ってもらうほうがマシ)。


あまり「金、金」と言うのも窮屈だけど、一方で仕事である以上けじめも必要と思うわけで、
取材や相談に対するあり方については引き続き大切に考えていきたいし、社会にも考えてもらいたい。
| ビジネス | 20:30 | comments(2) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク
会社見学するならいるみる
起業経験者のための転職求人情報サイト
八起.info
コメント
コメントありがとうございます。
このブログへのコメントは珍しいのでビックリです。

さて、
>制作チームの”取材”と、報道のための取材は意味が違うと思われます。
との部分にコメントを返さして下さい。

きっと、この部分はメディアが思っているだけであって、取材を受けるほうは取材元が誰かは問わず一律の対応しかできないと思います。

今まで色々と取材を受けてきましたが、「編集の入らない寄稿」や「生番組への出演」が最も納得感があるなという印象です。

それ以外はどうも取材者の構築した仮説への誘導の印象が強くて、自分が重要と思って発したコトバが省略されるなどの非すっきり感を何度か味わいました。


国民それぞれが自由に発信できるような社会になったために、発信力の強い人人程、メディアからの取材依頼に慎重になるのかなぁと想像しています。
| masa_yeah | 2012/02/20 10:58 AM |
 難しい問題ですよね。報道倫理では謝礼や金銭の授受はしないと定めてます。

 テレビでも、報道チームは基本、謝礼を渡さないのが原則じゃないですかね。
 制作チームの”取材”と、報道のための取材は意味が違うと思われます。
 新聞・雑誌でも文章をそのままもらう「寄稿」や、専門家の「コメント」は、謝礼金ありますよ。

 この線引きの意味は、報道のプライドであり、自戒、自重と思います。
 金積んで得た情報=取材者の良心と別の部分からの情報提供 に、報道にたえうる信ぴょう性はない、ということでしょう。1億積まれれば誰でも、相手に都合良く嘘をつくでしょう。または金目当てに、ニセスクープを言いふらす人も当然増えるでしょう。

 ニュースで事実を少しでも間違ってたり、歪曲があれば大問題ですが、バラエティ番組の間違い、過剰演出なんて日常茶飯事ですし。制作チームやラジオの謝礼の意味は、監督(ディレクター)の作る番組への出演・協力、なんですよ。
報道はまた別の論理があるのでしょう。
 
| 通りすがりですみません | 2012/02/16 12:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://borderzero.jugem.jp/trackback/656
トラックバック
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS